NMF(天然保湿因子)

NMFの主成分はアミノ酸、乳酸、尿素、糖類など。

NMFとは

NMFとはNatural Moisturizing Factorの略称で、天然保湿因子のことです。

NMFは人がもともと持っている保湿成分で、皮ふの一番外側にある角質層、角質細胞の中にあり、水になじみやすく水分を保持する力を持っています。

NMFが不足すると角質細胞そのもののうるおいが失われ、角質層の重なりが乱れて肌荒れや乾燥などのトラブルを招いてしまいます。

イメージ1

NMFのはたらき

NMFの主成分はアミノ酸、乳酸、尿素、糖類などで、いずれも水分を抱え込む性質を持っています。

NMFが存在することによって角質層は水分を保てるのであり、角質細胞がたっぷり水分を含むと、肌がみずみずしくなめらかになります。

NMFが不足すると、角質層は水分をしっかりつなぎ止めておくことができなくなるので、結果的に肌が乾燥し、カサつきはじめます。

イメージ2

NMFが減少すると

肌の水分を保持する大切な役割を果たしているNMFですが、加齢、睡眠不足、過労、ストレスや間違ったスキンケアなどによってNMFが減少すると、

新陳代謝が悪くなりお肌のターンオーバーが乱れて、お肌の水分の蒸散を防ぎ、外的刺激からお肌を守るといったバリア機能が崩れ、お肌のトラブルを引き起こします。

また、NMFの主成分はアミノ酸であり細菌繁殖を防ぐため、お肌を弱酸性に保つ大切な役割もしています。

イメージ3

体の内側から角質ケア
内臓の機能が低下し血流が悪くなると、肌細胞の生まれ変わるサイクルが遅くなり、角質が肥厚しだします。
自然な入れ替わりを待たずに、外側からゴシゴシこすって強引に削り取ると、肌のバリア機能が低下し、健康な角質が育たなくなります。
その結果として潤いのない硬い肌、くすみやしみの多い肌になってしまいます。
外側からのケアばかりに目を奪われず、十分な睡眠・体を温めるような食事を心掛けるなどして、内臓の機能を上げ、血液の流れを良くするといった「体の内側からする角質ケア」もお忘れなく!


美容関連用語の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧