顔ダニ(ニキビダニ)

顔ダニは、ほとんどの人の顔に存在しています。

顔ダニとは

顔ダニ(ニキビダニ)とは、人の皮膚に発生している皮膚常在生物である「デモデクス」のことです。

顔ダニは皮膚の様々な分泌腺に寄生するのですが、主として毛包部に寄生するため、毛包虫とも呼ばれます。

にきびの内部から多数検出されることがあるのですが、必ずしもにきびに寄生するわけではなく、健康な皮膚から普通に検出されるとのことですが、多くの場合は無害だそうです。

ただ、顔ダニ(ニキビダニ)については未だ不明な部分が多いらしいです。

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

顔ダニの特徴

顔ダニは、ほとんどの人の顔に存在しており、

特に皮脂の分泌が盛んなTゾーン(額、鼻、口)や、毛の生えている部分では繁殖しやすい傾向にあるそうです。

また、免疫力が弱っていたり、顔ダニの餌となる皮脂や化粧品の洗い残しなどが多いために顔ダニが大量に繁殖すると、肌荒れやニキビの原因になると言われています。

イメージ3

顔ダニは基本的に無害

ホコリや布団にいて、アトピー性皮膚炎の原因となるようなヒョウダニなどとは全く別のダニであり、

顔ダニは基本的に無害であるそうなので、顔ダニに対してあまり神経質になる必要もないといわれています。

顔ダニ対策として特に殺菌効果の強い洗顔料を使用しなくても、通常の洗顔をきちんとし、正しいスキンケアをしていれば、顔ダニが異常に増殖するようなことは基本的にないそうです。

イメージ2

乾燥肌ニキビは慎重なケアを
乾燥肌ニキビの対処法としては、皮脂の過剰分泌によるニキビと違って「熱心に洗顔をすればいい」というものではありません。
過剰な洗顔は逆に肌の乾燥をさらに加速させるため、症状の悪化を招きます。
乾燥肌ニキビには『入浴』が効果有りで、お風呂に入ることで角質層が柔らかくなり毛穴が自然に開きます。そのタイミングでしっかり洗顔をすれば、一度の洗顔ながら十分な効果が発揮されます。
注意点は、洗顔料をしっかり泡立てることで、手のひらが直接肌に触れないくらいで洗顔するのがよいです。


美容関連用語の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧