パッチテスト

新しい化粧品などを使用する前に、自分の肌質に合うかチェックしてみましょう。

パッチテストとは

パッチテストとは、薬剤や化粧品などのアレルギー反応の有無を調べるための簡易テストのことです。

特に敏感な肌質の方やアレルギー体質をお持ちの方などが、新しい化粧品などを使用する前に、

皮膚トラブルが起きないかどうかを確認するために行っている方も多いと思います。

イメージ1

アレルギー反応や刺激反応がないかを確認

本格的にアレルギー反応や刺激反応がないかを確認したい場合などは、

調べたい化粧品の成分を二の腕の内側に塗り、48時間経ってから反応の有無を見るというのが理想的なのですが、

キッチリ判断しようとすると、まる2日間も水に濡れたりしないようにしなくてはならないので、少し面倒に感じるかもしれません。

イメージ2

発疹・発赤・かゆみ・水泡等の異常を感じたら

パッチテスト中において発疹・発赤・かゆみ・水泡等の異常を感じたら、すぐにパッチテストを中止し、塗りつけた化粧品の成分を洗い流すようにしましょう。

その際に症状の程度によっては、皮膚科専門医の診察を受けるようにしましょう。

48時間後、皮膚トラブルの異常がなければその化粧品はあなたの肌に合うということですので、取り敢えず安心して使用を始められると思ってよいでしょう。

イメージ3

洗顔後はたっぷりの化粧水を
シワを作る大きな原因に、お肌の乾燥による水分不足があげられます。
20代〜30代にできる小ジワは、まだ表皮の部分で起きている段階のものであり、乾燥によってお肌の弾力が失われ、収縮した皮膚が元に戻らなくなっている状態です。
この段階のシワならば、お肌にたっぷりと水分を与えてあげることで水分が補給され潤いを帯び、状態が改善される可能性が十分あります。
乾燥肌気味に感じているとき、洗顔後にはたっぷりの化粧水で潤いを与えましょう。


美容関連用語の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧