肌年齢

実年齢とは関係なく決定され、肌年齢が実年齢よりも老けているということも。

肌年齢とは

実際の年齢とは異なり、肌年齢は肌のハリやしわ、痛み具合を現す年齢で、スキンケアの目安になるものです。

食生活などの生活習慣やスキンケアの内容など、個人個人によってお肌に与える影響は違うので、実年齢とは関係なく決定され、肌年齢が実年齢よりも老けているということも多々あることです。

しかし、お肌に影響を与える要素にきちんと対処すれば、改善が可能であります。

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

肌年齢は個人差が出やすい

お肌も他の器官と同じようにいろんな影響などを受けて老化しますが、他の器官にも増して外部からの直接的な影響を受けやすいので、

肌年齢はとくに環境などにより個人差が出やすいといわれます。

一般的に肌年齢が高いと、肌の荒れ、小じわや肌のくすみ、ニキビや湿疹などのトラブル症状が見られます。

イメージ2

肌年齢のチェックテスト

女性にとっては見た目の若さが気になるのは誰しもが感じるところなので、若く見られるためには肌年齢もたいへん重要な要素になってしまいます。

現在は専門店舗などで水分量、皮脂量、色素沈着数、毛穴数、シワの数などの測定値から、お肌のランクや肌年齢がわかるようなコトもありますが、

測定方法や基準値の違いも有り、絶対的な判断になるかどうかはわかりませんので、あくまでも目安と考えましょう。

イメージ3

洗顔後はたっぷりの化粧水を
シワを作る大きな原因に、お肌の乾燥による水分不足があげられます。
20代〜30代にできる小ジワは、まだ表皮の部分で起きている段階のものであり、乾燥によってお肌の弾力が失われ、収縮した皮膚が元に戻らなくなっている状態です。
この段階のシワならば、お肌にたっぷりと水分を与えてあげることで水分が補給され潤いを帯び、状態が改善される可能性が十分あります。
乾燥肌気味に感じているとき、洗顔後にはたっぷりの化粧水で潤いを与えましょう。


美容関連用語の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧