ターンオーバー

健康な肌なら約28日周期でターンオーバーが繰り返されます。

肌質の改善に重要な役割

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことを指します。

具体的には、表皮の細胞が皮膚の奥から表面へ押し出されて剥がれ落ちるまでの、代謝サイクルのことで、通常、健康な肌なら約28日周期でこの新陳代謝が繰り返されるとされています。

メラニンの排出という要素も含めて、ターンオーバーは肌質の改善に重要な役割を担っています。

イメージ1

ターンオーバーのプロセス

肌を形作っている表皮の細胞は、表皮の一番下にある基底層で生まれます。

こうして生まれた細胞は、少しづつ形や性質を変えながら、基底層から有棘層(ゆうきょくそう)、そして顆粒層(かりゅうそう)へと順々に押し上げられて角質層にたどり着きます。

そして表皮のいちばん外側の角質層にたどり着いた細胞は角質細胞となり、最後には角片(アカ)となって肌の表面からはがれ落ちていきます。

イメージ2

ターンオーバーの乱れ

紫外線の影響や加齢などのさまざまな要因によって新陳代謝が低下すると、ターンオーバーのサイクルが乱れて遅くなり、古くなった組織の一部がだんだん溜まってしまいます。

角質層は厚くなることで透明感が低下し、ひいてはお肌のくすみなどの大きな原因になると考えられています。

そのため表皮での細胞分裂を盛んにして、肌の新陳代謝を促進することがとても重要とされています。

イメージ3

入浴剤の効果を最大限に
入浴剤の成分が肌を薄くコーティングすることによって生まれる保湿・保温の効果は、入浴後の対処がひじょうに大切です。
入浴剤の入ったお風呂にゆっくり時間をかけて浸かっていても、シャワーで入念に上がり湯をしてしまったり、入浴後に体を洗ってしまっては、せっかくの成分を洗い流してしまうことになります。
なので、スキンケアタイプの入浴剤を使ったときは、上がり湯は控え、入浴後はタオルでゴシゴシ拭いたりせず、入浴剤のベール効果を逃すことなく活かしましょう。
ただ、使用する入浴剤は自分にあったもの、皮膚にやさしいものといった基準を前提に選ぶ必要があります。


美容関連用語の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧