フリーラジカル

フリーラジカルとは、不安定で反応性の高い原子や分子のこと。

フリーラジカルとは

フリーラジカルというコトバをご存知でしょうか?

フリーラジカルとは、不安定で反応性の高い原子や分子のことであり、他の物質にぶつかると連鎖反応を引き起こす性質をもちます。

フリーラジカルは紫外線や環境ホルモンなどの有害環境によって発生し、老化の原因にもなります。

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

活性酸素

フリーラジカルとして頻繁に見聞きする、もっとも身近なものとしては活性酸素があげられます。

本来なら体を活性化する酸素自体が活性化して、私たちの体を傷つけてしまうのが活性酸素です。

たとえば紫外線が皮膚に当たると、その当たった部分に“活性酸素”が発生して細胞を酸化してしまいます。

活性酸素から肌を守るために私たちの体はそれに対する防衛反応として、メラニンを作り出すのです。その結果として、悩みのタネとなるシミやソバカスがお肌にできてしまうのです。

イメージ2

ポリフェノールは代表的な抗酸化物

私たちのカラダにとって、なにかと有害で厄介なフリーラジカルですが、

さまざまな抗酸化物で防衛をしておくと、フリーラジカルも容易に酸化の連鎖反応を起こせないそうです。

以上のようなことから、抗酸化物として働くビタミン、ミネラル、アミノ酸などを十分に摂取することが大切といわれています。

カテキンやイソフラボンなどのポリフェノールは代表的な抗酸化物です。

イメージ3

入浴剤の効果を最大限に
入浴剤の成分が肌を薄くコーティングすることによって生まれる保湿・保温の効果は、入浴後の対処がひじょうに大切です。
入浴剤の入ったお風呂にゆっくり時間をかけて浸かっていても、シャワーで入念に上がり湯をしてしまったり、入浴後に体を洗ってしまっては、せっかくの成分を洗い流してしまうことになります。
なので、スキンケアタイプの入浴剤を使ったときは、上がり湯は控え、入浴後はタオルでゴシゴシ拭いたりせず、入浴剤のベール効果を逃すことなく活かしましょう。
ただ、使用する入浴剤は自分にあったもの、皮膚にやさしいものといった基準を前提に選ぶ必要があります。


美容関連用語の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧