紫外線対策

紫外線は、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。

紫外線の種類

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光のことで、紫外線は、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。

UV-Aは太陽が最も高くなる5月に最も多くなるんですが、最も少ない冬の時期においても、UV-Aは2分の1にしかならず、年間を通して紫外線対策をする必要があるようです。

紫外線のなかで最も有害とされるUV-Cは、今現在ほとんどがオゾン層によって吸収されてしまうため地球上には届きません。

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

紫外線による影響

紫外線の作用として殺菌消毒、ビタミンDの合成、血行や新陳代謝の促進など、カラダにとって有用な面もあるのですが、

反対に、皮膚を形成するコラーゲンの繊維にダメージを与え、皮膚の加齢を加速するなどの影響を与えます。

またDNAへのダメージ、皮膚がんの可能性等にも影響を及ぼします。

イメージ2

紫外線対策

紫外線を予防するには、もちろん紫外線に当たらないことが一番なのですが、全ての紫外線を避けることは不可能なことですので、

日焼け止め化粧品や日傘などのアイテムで防御し、なるべく肌に紫外線が当たらないようにする対策をとることが大切です。

また紫外線に当たった後の対策として、食事やサプリメント等でビタミンCを摂取することも心掛けたいものです。

イメージ3

お肌の新陳代謝を考えて
皮膚の表皮は4層になっていて、表皮の一番外側の層が角質層と呼ばれるものです。
この角質層は、化粧品や汚れなどで常に外からの刺激を受ける部分なので、新陳代謝も活発に行われ、下の層から新しい角質層がどんどん作られていきます。
古い角質層は入浴などで自然に剥がれ落ち、ほぼ1ヶ月周期で新しいものに入れ代わる仕組みになっていますから、
ゴシゴシと必要以上に強くこすって洗うというのは、せっかくつくられた新鮮で若い角質層までも削りとってしまうことになります。


美容関連用語の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧