表皮と真皮

皮膚というものは、表皮・真皮・脂肪層(皮下組織)の3層から構成

皮膚

皮膚というものは、表皮・真皮・脂肪層(皮下組織)の3層から構成されています。

私たちが日常で「皮膚」と呼んでいるのは表皮と真皮のみを指すことが殆どです。

皮膚全体に病変が起これば熱が出たり血液検査に影響が出たりしますし、また逆に内臓に病気があれば皮膚に様々な変化が出ます。皮膚が「内臓の鏡」といわれるのもそのためです。

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

表皮とは

表皮は皮膚の3層構造の最も外側にある、薄くて丈夫な層で、

表皮の外側の部分である角質層は、基本的に傷などのない正常な状態ではほとんどの細菌やウイルス、その他の異物が体内に侵入するのを防いでくれています。

表皮の最も内側には、日光からの紫外線を吸収し皮膚の色を濃くするメラニン色素をつくっている、メラニン細胞があります。

イメージ2

真皮とは

一方、表皮の下にあるのが真皮で、肌のはり・弾力・硬さに影響を与える最も重要な役割をはたすところです。

真皮は線維組織と弾性組織でできた厚い層で、そのほとんどはタンパク質のコラーゲンとフィブリンからなり、この真皮層が皮膚に弾力性と強さを与えています。

コラーゲンは加齢に伴い減少していき、これがシワやたるみの原因になるのです。そして網目状にあるコラーゲンなどの繊維の間を埋め尽くすように存在しているのが、ヒアルロン酸です。

イメージ3

入浴剤の効果を最大限に
入浴剤の成分が肌を薄くコーティングすることによって生まれる保湿・保温の効果は、入浴後の対処がひじょうに大切です。
入浴剤の入ったお風呂にゆっくり時間をかけて浸かっていても、シャワーで入念に上がり湯をしてしまったり、入浴後に体を洗ってしまっては、せっかくの成分を洗い流してしまうことになります。
なので、スキンケアタイプの入浴剤を使ったときは、上がり湯は控え、入浴後はタオルでゴシゴシ拭いたりせず、入浴剤のベール効果を逃すことなく活かしましょう。
ただ、使用する入浴剤は自分にあったもの、皮膚にやさしいものといった基準を前提に選ぶ必要があります。


美容関連用語の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧