毛穴対策と食生活

体の内側からのケアがあってこそ外側からのお手入れ効果も存分に発揮されます。

体の内側からの毛穴ケア

体の外側からの毛穴ケア対策ももちろん大切なのですが、

まず基本的に体の内側からのケアがあってこそ、外側からのお手入れ効果も存分に発揮されるというものです。

ということで、生活習慣に於いて大きなウェイトを占める食生活という側面から毛穴対策をみていきましょう。

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

皮脂の分泌量を増やす食事

毛穴ケアにあたって何かと厄介な要因となるのが、皮脂の過剰分泌ということはお分かりだとおもいます。

脂っぽい料理やファーストフード・ジャンクフードなど脂肪分の多い食品や高カロリーの食品が、皮脂の分泌量を増やすということは誰しも想像しやすいでしょう。

女性であればケーキなどのスイーツ類が大好きという方も多いでしょうし、最近は女性でもそこそこの量のお酒をたしなむ方も結構おられると思います。

イメージ2

糖分やアルコールの摂取も皮脂の分泌量を増やす

実は油分の摂り過ぎだけが皮脂の分泌を促進するのではなく、

糖分やアルコールの摂取も皮脂の分泌量を増やすそうです。

皮脂腺のコントロールをつかさどるビタミンB2が糖を分解するのですが、大量の糖分を分解するとビタミンB2不足となり、

皮脂腺のコントロールが効かなくなり皮脂が過剰分泌されるそうです。

イメージ3

入浴剤の効果を最大限に
入浴剤の成分が肌を薄くコーティングすることによって生まれる保湿・保温の効果は、入浴後の対処がひじょうに大切です。
入浴剤の入ったお風呂にゆっくり時間をかけて浸かっていても、シャワーで入念に上がり湯をしてしまったり、入浴後に体を洗ってしまっては、せっかくの成分を洗い流してしまうことになります。
なので、スキンケアタイプの入浴剤を使ったときは、上がり湯は控え、入浴後はタオルでゴシゴシ拭いたりせず、入浴剤のベール効果を逃すことなく活かしましょう。
ただ、使用する入浴剤は自分にあったもの、皮膚にやさしいものといった基準を前提に選ぶ必要があります。


毛穴ケア対策の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧