毛穴と洗顔

毛穴ケアの重要ポイントは、「毛穴に汚れやメイクを残さない」ということ。

毛穴のお手入れ

毛穴のお手入れは数々あれど何といっても重要ポイントは、「毛穴に汚れやメイクを残さない」ということ。

いいかげんな洗顔や化粧を落とさずに、そのまんま朝まで睡眠なんて問題外ですよ。

だからといって必要以上にゴシゴシ洗って皮脂を落とし過ぎるのも逆に皮脂分泌を促したり、あげくの果てに角質肥厚を起こしたりするコトもあるんで注意が必要です。

イメージ1
[an error occurred while processing this directive]

毛穴に汚れを残さない

いくら洗顔しても「毛穴に汚れやメイクが残っている」となると、

洗顔後に手間暇かけて化粧水や美容液なんかでスキンケアしたところで、お肌にとって効果的とは言い兼ねます。

毛穴にメイクの残りや肌の老廃物などが詰まったままで、これらが溜まっていくと、さらに毛穴の汚れが目立ったり毛穴が黒ずんだりして、 角栓となっていくのです。

イメージ2

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法でポイントとなる一つが、まずは洗顔料をよく泡立てることで、このときの泡の多さが大きなポイントとなります。(泡立てネットが便利ですよ!)

泡というのはそもそも、小さなシャボン玉がいっぱい集まって出来ている状態です。

そして、その一つ一つの泡の間には水のすき間があり、この水のすき間によって細い空間内を、重力や上下左右に関係なく水が浸透していくという毛細管現象が起り、肌の表面に浮き出た微細な汚れも泡の中に吸い上げられていくのです。

洗顔は回数というより「洗顔の質が大切」という事をお忘れなく!

イメージ3

入浴剤の効果を最大限に
入浴剤の成分が肌を薄くコーティングすることによって生まれる保湿・保温の効果は、入浴後の対処がひじょうに大切です。
入浴剤の入ったお風呂にゆっくり時間をかけて浸かっていても、シャワーで入念に上がり湯をしてしまったり、入浴後に体を洗ってしまっては、せっかくの成分を洗い流してしまうことになります。
なので、スキンケアタイプの入浴剤を使ったときは、上がり湯は控え、入浴後はタオルでゴシゴシ拭いたりせず、入浴剤のベール効果を逃すことなく活かしましょう。
ただ、使用する入浴剤は自分にあったもの、皮膚にやさしいものといった基準を前提に選ぶ必要があります。


毛穴ケア対策の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧