毛穴の開き

毛穴の開きは、そのまま放置しているとさらに目立ってくるので早めにケアを。

毛穴の開きの原因

毛穴の開きは皮脂の分泌が多いところに起こりやすく、そのまま放置しているとさらに目立ってきます。

さらに加齢による変化も伴うと、毛穴の開きも一段と目立ちだし治りにくくもなるのですが、これは老化によって肌のハリが失われていくために、だんだんと毛穴が開いてくるのです。

肌の老化が進むと大切なお肌の潤い成分が抜けていき、肌が弾力を失い毛穴も一緒に開いてしまうのです。

イメージ1

毛穴の開きと皮脂分泌

毛穴の開きの大きな原因の一つである過剰な皮脂分泌についての対策ケアですが、

この過剰な皮脂分泌については、間違ったスキンケアの仕方が原因となっていることも多々あるようです。

洗顔時間を長くしたり、洗浄力の強過ぎる洗顔料でゴシゴシ洗ったり、熱めのお湯ですすいだりといったことが逆効果となり、毛穴を開いてしまう原因になってしまっていることもしばしばなので、

このようなケアは避けた方がいいです。

イメージ2

毛穴の開きとお肌の水分量

また毛穴の開きを誘発する別の原因に、お肌の水分不足による乾燥が挙げられます。

水分保湿が充分で潤いのあるお肌は、肌の内側から張りと弾力によって毛穴を引き締めてくれるのですが、

肌本来に水分量が少なく潤い成分が不足していると肌のハリや弾力が失われているので、毛穴を引き締める力が衰えており、その結果として毛穴が開いてしまうのです。

イメージ3

体の内側から角質ケア
内臓の機能が低下し血流が悪くなると、肌細胞の生まれ変わるサイクルが遅くなり、角質が肥厚しだします。
自然な入れ替わりを待たずに、外側からゴシゴシこすって強引に削り取ると、肌のバリア機能が低下し、健康な角質が育たなくなります。
その結果として潤いのない硬い肌、くすみやしみの多い肌になってしまいます。
外側からのケアばかりに目を奪われず、十分な睡眠・体を温めるような食事を心掛けるなどして、内臓の機能を上げ、血液の流れを良くするといった「体の内側からする角質ケア」もお忘れなく!


毛穴ケア対策の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧