毛穴ケア@対策ラボについて

毛穴の黒ずみ・開き・汚れなどに関する基礎知識や対策・ケアをメインに美肌情報を紹介。

毛穴対策してますか?

イメージ1

毛穴のトラブルって一言でいっても、黒ずみや開きが目立つなどいろいろと種類がありますし、美肌に憧れる女性にとってはどれもこれも気になりますよね。

そんな美肌を羨望されている多くの女性の中には、本格的な毛穴対策を心掛けている人もいれば、気が向いた時に何となくチョコチョコッと毛穴ケアをしている人など様々だと思います。

ただ、毛穴ケアひいては美肌対策として唯一言えることは、日頃からの継続的なお手入れ・スキンケアが後々の結果としてあらわれるということで、やはり手間暇掛ければ掛けたなりの効果がでるということです。

毛穴の黒ずみ・開き・汚れの原因を知る

イメージ2

毛穴対策をする上で大切なのが、自分がどんなタイプの毛穴の悩みなのかを把握し、その毛穴トラブルに対しての原因や正しい対処方法を理解することです。

毛穴トラブルの代表的なものには、毛穴の黒ずみ・毛穴の開き・毛穴の汚れなどが挙げられますが、それぞれ原因についてもケア方法もさまざまです。

まずは自分の肌質や毛穴タイプを見極めて、それに対しての効果的な毛穴ケアを実践するようにしないと、毎日いくら一生懸命にお手入れをしているからといって思ったような効果は期待できないものですよ・・・


体の内側から角質ケア
内臓の機能が低下し血流が悪くなると、肌細胞の生まれ変わるサイクルが遅くなり、角質が肥厚しだします。
自然な入れ替わりを待たずに、外側からゴシゴシこすって強引に削り取ると、肌のバリア機能が低下し、健康な角質が育たなくなります。
その結果として潤いのない硬い肌、くすみやしみの多い肌になってしまいます。
外側からのケアばかりに目を奪われず、十分な睡眠・体を温めるような食事を心掛けるなどして、内臓の機能を上げ、血液の流れを良くするといった「体の内側からする角質ケア」もお忘れなく!


古い角質が残ったままだと肌の健康美を阻害

イメージ1

日常的に化粧水や保湿剤をたっぷり使って、お肌への愛情ケアは欠かさないようにしているのに、なかなか思ったように効果が出ているような実感がわいてこないという人も多いのではないでしょうか?

そのような時の原因として、新陳代謝の乱れによって溜まり続けた角質が肌の表面を覆っている場合があるといった要素も考えられます。

古い角質がいつまでも多く残っていると、化粧水や保湿剤の栄養補給が肌へ浸透するのを阻害して、くすみ、シミ、シワ、たるみなどといった肌老化の原因にもなってしまうことがあります。

洗い過ぎるのもお肌にとっては逆効果

イメージ1

いくら古い角質が残っているとお肌のトラブルを招きがちになるといっても、過剰にゴシゴシと洗顔して新鮮な角質までも削り取ってしまっては元も子もなく逆効果になってしまうので注意が必要です。

お肌の一番外側にある角質層には、汚れや化粧品など外部からの刺激から肌を守るといった大切な役割りが基本的にあるので、必要以上に取り過ぎるのも何かと肌トラブルを誘発してしまうことになります。

毛穴ケアを含めたスキンケア対策はキッチリとすることに越したことはないですが、何ごとも過剰に行わず適切な方法でケアするように心掛けましょう。

毛穴ケア対策の項目タイトル

美容関連用語の項目タイトル

毛穴ケア@対策ラボ項目一覧